トップページ > 会長ごあいさつ

会長あいさつChairman greeting

The target of a conference
「静岡不動産流通活性化協議会のめざすもの」

静岡不動産流通活性化協議会は、増加する不動産ストックの流通促進を目的に、平成24年9月、14の事業者および団体により発足いたしました。協議会では、国土交通省モデル事業の実施者としての取組みを中心に、現在21団体の専門事業者が連携し住宅ストックの調査・検査・有効活用のための活動をしております。

協議会の目的

  • 中古住宅流通活性化と健全な市場の構築
  • 消費者への安心・安全な不動産の提供
  • 住宅環境を循環型に変える

基本骨子

  • デューディジデンスとエスクローの実施

住宅ストックの調査・検査の核となるのは、「中古住宅あんしんパック!」です。これは、中古住宅売買時に住宅や土地の検査・調査を実施するためのワンストップサービスで、平成25年度から取扱いを開始しました。協議会では、周知のための検査・調査見学会を開催し普及活動に取り組んでいます。

中古住宅あんしんパック!

  • 建物あんしんサポート
  • 土地あんしんサポート
  • 価格あんしんサポート
  • 重説あんしんサポート
  • 建物の敷地・現況調査
  • 住宅ローン金利割引

良質な中古住宅の流通とストック活用の実現には、「住まい」に関わる全ての人がその責任を全うし、我が国における中古住宅流通の価値・価格および不動産流通の常識を根底から変えることが必要です。それぞれが「自分のやるべきことは何か」を考え、不動産業界、国、県、地方行政、立法府、金融、マスメディア等、全てが一体となり、安心・安全な中古住宅流通に向けていかなければなりません。

本年5月26日、「空き家対策の推進に関する特別措置法」が完全施行となります。協議会でも、民間団体として空き家の実態についての調査・検討及び有効活用に取り組むべく「空き家対策部会」を立ち上げました。部会では、静岡県および県内市町と連携し、空き家問題をはじめとした、「住まい」に関連する様々な課題に取り組む予定です。

平成27年5月

ページトップへ戻る
不動産のネットオークション
Copyright(C) 静岡不動産流通活性化協議会 All Rights Reserved.