トップページ > 新着情報 > 第2回 空き家対策部会を開催しました。

第2回 空き家対策部会を開催しました。

平成27年7月22日(水)、第2回空き家対策部会が開催されました。

【第2回空き家対策部会】
開催日:平成27年7月22日(水)15:00~17:00
場所:静岡県不動産会館2階 大会議室
出席者:74名 見学者9名


今回、2回目となる空き家対策部会には、静岡県はじめ県内19市町の自治体担当者の皆様と学識経験者、そして協議会会員、オブザーバーと合計74名が出席されました。また、常葉大学法学部の学生の皆様9名が見学され、総勢83名での開催となりました。

先ず、内田部会長より開会のご挨拶をいただいた後、部会事務局まちづくりセンター諏訪様より「平成27年度空き家管理等基盤強化推進事業」の実施事業者決定についての報告と今後のスケジュールについて説明がありました。

次に、常葉大学柴准教授より、「空き家の活用と大学連携型CCRCの可能性」と題し、米国で広がるCCRCと呼ばれる高齢者向け居住施設の日本版「大学連携型都留市版CCRC」の紹介や、常葉大学としての取組み等のお話をいただきました。

次に、静岡市より、空き家実態調査から空き家バンク活用までの取組みスケジュール、三島市より「三島市における空き家の現状と対応」と題しお話をいただきました。三島市の報告では、「空き家に関する関係各課をリストアップすると18課にもなる。各課が各課所管の法令若しくは条例で対応していて情報が共有されていない」といった問題点も報告されました。

次に、(一財)日本不動産研究所 山本様より、県内35市町にご協力いただいた「空き家の実態及びその対策に関するアンケート」についての結果報告をいただきました。アンケートは、「空き家に関する特別措置法が施行されてから空き家に関する相談に変化がありましたか」等、13項目の内容となっています。

最後の意見交換では、静岡県鑑定士協会 深澤様より、光ヶ丘事業の利便施設について、協議会牛田専務より農地にある賃貸・売買できない住宅について、宅建協会長澤様より、相続の対象物件の利用についてのアンケートは実施しているのか等の質問に対する意見交換がされました。

・第2回 空き家対策部会開会
001第2回空き家部会 全体 .jpg

・内田部会長よりご挨拶
002第2回空き家部会 部会長あいさつ .jpg

・部会事務局 諏訪様より報告
004第2回空き家部会 事業について .jpg

・常葉大学 柴准教授 講演
「空き家の活用と大学連携型CCRCの可能性」
005第2回空き家部会 柴准教授 .jpg


・柴先生の教え子である常葉大学の学生の皆様9名が
ご参加くださいました
006第2回空き家部会 常葉大学学生.jpg

003第2回空き家部会 全体(奥) .jpg

・静岡市より取組みの報告
008第2回空き家部会 静岡市発表.jpg


・三島市より取組みの報告
009第2回空き家部会 三島市発表2.jpg

・(一財)日本不動産研究所 山本様より市町へのアンケート結果の報告
010第2回空き家部会 アンケート集計結果報告2.jpg

・意見交換
012第2回空き家部会 質疑.jpg

011第2回空き家部会 全体3.jpg

ご出席の皆様、お疲れ様でございました。
ありがとうございました。
次回空き家対策部会は 9月16日(水)15:00~17:00です。
ページトップへ戻る
Copyright(C) 静岡不動産流通活性化協議会 All Rights Reserved.