トップページ > 新着情報 > 第3回 空き家対策部会を開催しました。

第3回 空き家対策部会を開催しました。

平成27年9月16日(水)、第3回空き家対策部会が開催されました。

【第3回空き家対策部会】
開催日:平成27年9月16日(水)15:00~17:00
場所:静岡県不動産会館2階 大会議室
出席者:78名

 今年度、3回目となる空き家対策部会には、静岡県はじめ県内17市町の自治体担当者の皆様と学識経験者、そして協議会会員、オブザーバーの皆様と合計78名での開催となりました。

 先ず、内田部会長より開会のご挨拶をいただいた後、部会事務局まちづくりセンター諏訪様より事業の進捗状況について報告がありました。

その後、藤枝市と伊豆市より、「行政における空き家対策への取組み」について、また、一般財団法人日本不動産研究所 山本様より、県外での空き家対策への取り組み状況についての発表をしていただきました。

意見交換では、
●県外での空き家対策への取組みについての説明の中で、「行政主導型」と「住民連携型」の違いははなにか(静岡県山口様)。

●空き家に関する相談業務体制の調査結果について
 ・金融相談のマル付けについては、あくまでも古民家に関する相談を一緒に考える、という意味のもの(静岡県古民家再生協会富田様)
 ・今月末に一般社団法人に移行するが、そうした打合せ等する中で将来的にできるのではないか、というところにマルを付けた(静岡県リフォーム協議会金子様)
 ・役所に相談に来た方に、この担当先(案)が記載された資料をもとにご案内したい。今後、電話番号等のったものができ、公表されると考えてよいか(静岡県山口様)。
 ・談体制の担当を決定する際、司法書士、税理士、弁護士等の専門職は、そうした方でないと相談業務はできない。直接、相談が受けられるのか、間接的に紹介ができるのか、というところを明確にして完成させてほしい(市川協議会会長)

●伊豆市の発表で、転出した先が意外だったが、それについてもう少し聞きたい。また、空き家バンクについては、中山間地だけでなく、街中も入っているのか。
 →子供が高校に入るタイミングで移住する。ということが多いようだ。そのために、通学に係る交通費の補助をする等の施策を実施し足止めしている。空き家バンクについては、宅建業者と連携して市街地の物件も登録している(伊豆市)。

●ろうきんでは、解体・取り壊しについてのローンを検討中。各市町の解体に関する補助金等について聞きたい(静岡県労働金庫馬場様)。
 →除却に対する各市町の補助について、最新の情報ではないかもしれないが、現在分かる範囲では、小山町と伊東市が現在、除却に対する補助をもっている。小山町は、「危険空き家の解体撤去費用の助成」で、費用の3分の1最高30万円まで、伊東市は、「廃屋解体費用の助成」で、費用の2分の1最高30万円まで、ということになっている(静岡県大石様)

●県が出しているガイドブックには、除却、解体等については載っているのか。載っていなければ、今後入れていただいてもいいのでは(静岡県すまいづくりセンター諏訪様)。
 → 空き家関係については来年度に向けて検討している段階。活用に関する支援や除却に関する支援とかの直接的なものだけでなく、金利優遇の助成等についても考えていきたい。また、金融機関の皆さんから提案もしていただきたい(静岡県大石様)

等の活発な意見交換がされました。

 最後に、内田部会長より、次回の部会までに、相談窓口用のマニュアル原案を作成すること、また、相談窓口の開設時期の予定について説明をいただきました。


空き家対策部会 開始
部会事務局 諏訪様より進捗状況の説明をしていただきました。
001空き家部会開会.jpg

藤枝市石川石川様より、「藤枝市における空き家対策の現状」として発表いただきました。
発表は、実態把握調査スケジュール、空き家把握の方法、現地調査の方法、調査結果整理等についてわかり易くご説明いただきました。
002空き家部会藤枝市1.jpg

藤枝市では空き家関連の施策について3つの事業で取り組まれています。
藤枝市開業チャンス応援事業 改装費:最大50万円(商業観光課)
中山間地空き家バンク 改修費:最大50万円 (中山間地域活性化室)
藤枝市まちなか子育てファミリー移住促進事業 改修費:最大50万円 (建築住宅課:28年度実施予定)
006空き家部会藤枝2.jpg


003空き家部会奥.jpg

伊豆市山田様より伊豆市の「若者定住促進補助金」、「空き家等情報提供制度」について発表いただきました。
009空き家部会伊豆市1.jpg

伊豆市では、26年度に284名の人口減。その転出先は、首都圏が一番多いのかと思ったらそうではなかったそうです。そして、移住のタイミングは、子供が高校に進学する時というのがひとつ。そのため、通学についての補助金の施策も実施しているとのことです。また、平成22年度から開始した「若者定住促進補助金」が好評で、当初25年度までの実施予定が、27年12月まで延長になり、今年度既に30件を取扱い、まだ20件ほどの申込みがあるそうです。そして来年度の延長も検討中とのことです。
009空き家部会伊豆市2.jpg

004空き家部会手前.jpg


日本不動産研究所山本様より、「静岡県内での取組状況の紹介」としてご説明いただきました。

010空き家部会日本不動産研究所.jpg

各発表・説明の終了後、活発な意見交換がされました。
011空き家部会質疑1.jpg
013空き家部会質疑3.jpg


012空き家部会質疑2.jpg


ご出席の皆様、部会事務局の皆様、お疲れ様でございました。
ありがとうございました。

次回は11月18日(水)です。
宜しくお願いいたします。







ページトップへ戻る
Copyright(C) 静岡不動産流通活性化協議会 All Rights Reserved.