トップページ > 新着情報 > 神戸市住宅都市局様が視察で来静

神戸市住宅都市局様が視察で来静

6月25日(木)、神戸市住宅都市局住宅部住宅制作課の皆様が当協議会視察のため来静されました。
神戸市では、今年度より、市民・職員協働のプロジェクトチーム、「空き家ストックを活用した中古住宅市場活性化プロジェクトチーム」、「農村活性化プロジェクトチーム」を立ち上げ、課題解決の取り組まれているとのことです。

このうち、空き家ストック活用のプロジェクトでは、不動産団体、建築関係団体、金融機関、学識経験者がメンバーとなり、中古住宅流通活性化に向けた課題の整理や効果的な施策の調査・検討をされるのことです。

当日は、協議会の取り組みを説明させていただいた後、意見交換となりました。
「価格報告書の査定額は、建物検査やグリーンテストの結果が反映されているか」、「協議会設立の14団体は、役割がある事業者がメンバーとなったのか」、「発足時にスキームができていたのか」、「協議会としてのリスクマネジメントは?」、「安全性を求める取組みについて、静岡県の若い世代の考え方はどうか」等の他にも多くの問をいただき、予定時間を超えての意見交換となりました。

ご出席の皆様、お疲れ様でございました。


神戸市からは、コンサルタントの方を含む3名がご来訪
005神戸市視察(全体風景).jpg

静岡宅建協会 初澤会長 挨拶
001神戸市視察(初澤会長あいさつ).jpg

協議会 市川会長 挨拶
002神戸市視察(市川社長あいさつ).jpg

協議会の説明 牛田専務
003神戸市視察(牛田専務説明).jpg

神戸市の皆様より様々な質問をいただき、意見交換
004神戸市視察(神戸市質問).jpg

「静岡県の若い世代の安全性に対する考え方」について静岡県 鈴木様(中央)より説明
006神戸市視察(静岡県説明).jpg

神戸市の皆様、ありがとうございました。
お疲れ様でございました。


ページトップへ戻る
Copyright(C) 静岡不動産流通活性化協議会 All Rights Reserved.