トップページ > 新着情報 > 静岡県空き家対策市町職員研修会で、光ヶ丘団地モデル事業を説明

静岡県空き家対策市町職員研修会で、光ヶ丘団地モデル事業を説明

 11月11日(火)、静岡県が主催する「空き家対策市町職員研修会」が、もくせい会館で行われ、当協議会が光ヶ丘団地モデル事業の取組みについて説明をしました。

 空き家対策の取組み事例の紹介として、講師派遣の依頼をいただいたもので、掛川市の条例制定、静岡県の空き家バンクの取組みとともに、当協議会からは「住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」の内容や進捗状況等について牛田専務が説明をさせていただきました。
研修には、70名の皆様が参加されました。


平成26年度 静岡県空き家対策市町職員研修会

日時:平成26年11月11日(火)13:30~16:30
場所:もくせい会館 第一会議室

次第
1.開会
2.静岡県あいさつ
  くらし環境部建築住宅局長
3.最新の動向と国土交通省における取組み 
  国土交通省住宅局
4.事例紹介
 ・条例制定 掛川市都市政策課
 ・既存住宅モデル事業 静岡不動産流通活性化協議会
 ・中山間地等の空き家バンク 静岡県交流推進課
5.質疑応答、意見交換
6.閉会

001静岡県 空き家対策研修会.jpg


002静岡県 空き家対策研修会.jpg

ページトップへ戻る
Copyright(C) 静岡不動産流通活性化協議会 All Rights Reserved.