トップページ > 新着情報 > 資産評価政策学会シンポジウムに市川会長がパネリストで出席

資産評価政策学会シンポジウムに市川会長がパネリストで出席

平成27年7月25日(土)、資産評価政策学会(会長 三橋博巳氏)主宰のシンポジウムが開催され、パネリストとして当協議会の市川会長がパネリストとして出席いたしました。

シンポジウムでは、建物評価主要の精緻化に向けて、不動産評価、ファイナンス、流通等、多方面からの学術的検討が行われました。


■資産評価政策学会シンポジウム 「建物評価と中古住宅流通市場」
 
 第一部 基調講演
 ㈱富士通総研 上席主任研究員 米山秀隆 氏
 「日本の中古住宅流通市場の課題と展望」

 第二部 パネルディスカッション 
 コーディネーター
  ・日本大学経済学部教授 中川 雅之 氏
 
 パネリスト
  ・明海大学 不動産学部長 中城 康彦 氏
  ・(公社)日本不動産鑑定士協会連合会 会長 熊倉 隆治 氏
  ・世田谷信用金庫 常勤理事 澁井 和夫 氏
  ・岡不動産流通活性化協議会 会長 市川 宜克 氏
 
 総合司会 明海大学 不動産学部 准教授 小松広明 氏
  

・不動産評価に関連する協議会の取組みを説明
001資産評価政策学会シンポ1.jpg


・パネルディスカッション
002資産評価政策学会シンポ2.jpg



ページトップへ戻る
Copyright(C) 静岡不動産流通活性化協議会 All Rights Reserved.